あけたらタイマ スイッチ換えればくらし変わる リ・スイッチ

留守の際、空き巣が心配。手軽な防犯は?

留守する際の心配事「空き巣が心配・・・」

空き巣被害が増えています。

空き巣の心理を調べた資料によると、 【不在を感じさせない方法】の第1位は 「不在が夜間におよぶ場合、室内灯をつけておくこと」

60代・70代の方を対象にした調査でも、あかりの防犯効果を認識している方は 半数以上にのぼりました。(参考:警視庁資料)

質問
家を留守にするとき、家の照明をつけたままにすると防犯効果があると思う?

電気代も心配

質問
防犯のための照明は必要でも、それ以上に電気代が気になる?

でも実際には、宿泊を伴う外出時や、帰宅が夜遅いことがわかっているときでもあかりをつけたまま外出している人は27.8%でした。やはり電気代が気になるのですね。

だったら、夜になるとあかりがパッとともるように、タイマー設定ができればいいのになあ、と思いませんか?

外出時は自動でオン・オフタイマーに「あけたらタイマ」

ふだんは手動のスイッチ。
外出時にはタイマー設定で自動的にあかりをオン・オフ。
留守でも人がいるように装えます。

旅行など、長期のお出かけのときには、
点灯・消灯する時間を毎日ずらして設定することもでき、 より自然に在宅を装うことが可能です。

※あらかじめON/OFFさせる時間の設定が必要です。

留守宅で。

ふだんは、手動のスイッチとして・・・
外出時は、自動のオン・オフタイマーに。

あかりの点灯、消灯時間をタイマで設定できます。

玄関や、お部屋に。
あかりでタイマでオン・オフでき、不在時の”いるふり”を装えます。

■たとえばこんな使い方。

普段の外出時は、ぴったり設定。

設定された時刻どおりに毎日照明を自動的にオン・オフ。
帰宅にあわせて玄関照明を点灯させることができます。
もちろん玄関以外のお部屋にも使えます。

【ぴったり設定】

19:00点灯、23:00消灯に設定すると、その時刻ぴったりにオン・オフできます。

旅行など不在時は、ランダム設定。

設定した時刻の、前後30分の間でランダムに点灯・消灯。 より自然に在宅を装うことができます。
毎日異なる時刻に点灯・消灯するため、長期不在時に便利です。

【ランダム設定】

19:00点灯、23:00消灯に設定すると、その前後30分の間でずらしてオン・オフ。

遅れ消灯機能もあります。
スイッチを切ってから、しばらくの間(5秒~5分)点灯させておくこともできます。
外出時、靴を履く時などちょっとした動作に便利です。

既存のスイッチとお取替え可能
2線式ですから、大がかりな工事はいりません。思い立ったときに、お取替えできます。